スタッフ・ブログ

母として娘として

少し前になりますが、神戸で開催された日本専門薬局同志会の全国大会に参加し、ジャズシンガーの綾戸智恵さんの講演を聴きました。

舞台に出てこられた綾戸智恵さんは、小柄で若々しく可愛いおばさんという印象。

ですが、お話が始まると関西弁でテンポよく舞台の上を軽快に動き回りながら冗談を言っては私たちを笑わせ、アーチストとしての貫禄を感じさせました。

綾戸智恵さんは、現在62歳。息子さんがおられ、母として娘としての立場から気づいたことを私たちに話してくださいました。

90代のお母様を15年ほど前から介護されているとのこと。

「仕事しながら親を介護してすごいね。偉いね。」と言われることに違和感を感じることが多いと話されました。

介護してるのは、一人娘としてそのように育てられたからということ、それがたまたま叶う環境だったというだけだと。どんなに親を大切に思っていても、状況によって介護できるとは限らないからと。

私が綾戸さんの話で一番心に残ったことは、母親は娘に対してずっと母親でいたいと思っているということに気がついたという場面。

綾戸さん自身も息子さんに対してずっと母親であると感じ、それは同じだということ。

たとえ歳をとって弱ってきても、母親に対しての尊敬と娘としての想いや立場は変わらないことが大事なんだと話されたエピソードが素敵だと思いました。

一緒に綾戸さんの話を聞いた方から、「私の親はもう亡くなってしまったので、綾戸さんの話を聞きながら羨ましかった。」という感想を聞いたのも印象的でした。

親を介護するということ。母親として娘として、いろんなことを経験できる幸せを考える時間となりました。

綾戸さんのお話のあと、早速CDを聴いてみました。

有名な「テネシーワルツ」が、より温かく心に響きました。

《ふ》

2019年07月12日

バイオリンク虹フェス・バスツアー①

6月2日日曜日、第2回バイオリンク虹フェス2019 にお客様と一緒に参加して来ました!

昨年から始まったこの虹フェスは、バイオリンクを扱う薬局とクロレラ工業さんが企画しており、現代の食生活の問題点を講演を通して、みなさんに知っていただき、考える場として開催されています。

会場は熊本。佐世保からは、お客様とスタッフ合わせて21名、大型バスに乗って行きました。

心配していた雨もほとんど降らず、バスの中ではまず富美さんの健康教室から始まりました❗️およそ2時間で会場入り。

バイキングのランチを食べた後は、いよいよ虹フェスが始まり、お二人の貴重なご講演と合唱曲などを多数作曲されている弓削田さんの優しい歌声のコンサートで、4時間があっという間に過ぎて行きました。

会場外のブースも充実していて、無農薬栽培の野菜や、クロレラ入りのお菓子などの販売もあり、皆さんもお土産にいろいろ手にしていらっしゃいましたよ。

帰りのバスは、皆さんお疲れでグッタリ眠って…と思いきや、お客様のご提案でカラオケをみんなで歌い、大盛り上がりで佐世保に到着しました‼️

本当にあっという間の2時間!お客様同士は、もちろん初めてお会いした方達ばかりでしたが、帰りには別れを惜しみながらの解散となりました。

本当に楽しい一日をお客様と一緒に過ごすことが出来ました。ありがとうございます(^^)

来年は、虹フェス第3回を5月に予定しております。ぜひ、私たちと一緒に参加してみませんか?     《智》

2019年06月10日

バイオリンク虹フェス・バスツアー

6月2日、お客様とバスに乗ってバイオリンク虹フェス・バスツアーに参加しました。

バイオリンク虹フェスについてご報告します!

バイオリンク虹フェスで最初に講演されたのは、安部司先生。

安部先生は元々は食品添加物の専門商社の敏腕セールスマンだったそうです。

その経験と知識を活かし、今では食品添加物がどういうものなのか、私たちが普段口にしている食品にいかに多くの添加物が入っているのか、食の安全とは何かを実技も加えながら教えてくださいました。

例えば、マーガリン。

水と植物油と乳化剤を混ぜて、バターの香料、黄色い着色料を加えれば出来上がり。

同じような材料に酢酸と増粘剤を加えればマヨネーズ、カロリーハーフならば水を多めにして増粘剤を増す。

更に、香料と着色料を変えれば今度はチョコレートの出来上がり。

化学の実験のような材料で、ものの数十秒で次々に私たちが口にする食品が作られていくのを目の当たりにし、大変衝撃を受けました。

それらの添加物は、毒性試験はされていて安全性は確認されています。

しかしながら、一日摂取許容量と言うものはマウスでの実験から換算された量であり、尚且つ、一種類毎しか試験されていないため、それらが数種類も、また毎日摂取することに対して、なんら安全は確認されていないという事。

私たちが簡単便利安さを求めた結果が今の食品添加物の汎用を生み、食文化の崩壊をもたらしていると言う事実に、自分自身反省の念でいっぱいになりました。

しかしながら、現代の食事で、食品添加物を全く取らないというのは不可能だと思います。だからこそ、私たちはもっともっと自分たちが口にするものに対して、正しい知識を持ち、安全なものを選ぶ目を養わなければいけないと感じました。

次に講演されたTAO塾代表の波多野毅先生は医食農同源とおっしゃいます。

農が誤れば、食が歪み、食が乱れれば身体が病みます。

人は自然の一部であり、それに反した事をするば、必ず報いが訪れる。

今日本人は2人に1人が癌になると言う事実も、食文化の変化がとても大きな影響を及ぼしていると思います。

海外留学経験のある波多野先生ですが、今は海外でも味噌汁や豆腐などの和食文化が注目され、ヘルシー志向のセレブたちにとても人気があるそうです。

日本に古来から伝わる食文化には、何千年もの間子々孫々に受け継がれてきた、いのちを養うパワーが備わっているのだと思います。

お二人の講演を聞いて、私は改めて食といのちの大切さを学びました。

出来る限り手作りをすること、自然なもので出来た食品を選ぶこと、そしてバイオリンクでしっかり解毒をしてあげること。

私たちの命を守り、そして次の世代にしっかりと繋げていくためにも、今一度自分の食生活を見直し、改善していこうと思います。     《陽》

2019年06月10日

いのちの花を咲かせよう

日曜日に第3回健康のつどい「いのちの花を咲かせよう」を開催しました。

あいにくの雨天にも関わらず、多くの方たちにお越しいただきました。

私たちの予想を超えた本当に素敵な時間となり、とてもありがたく思いました。

今回、私が感じたことを言葉に残しておこうと思います。

まずは、「人の力」の偉大さを感じました。

今回、たくさんの力をお借りしてこの健康のつどいを開催することができました。

スタッフ用に注文したお弁当の数は55個。

させぼ花みずきコーラスさん、吉田さん、国光さん、弓削田さん、弓削田さんのマネージャーさん、クロレラ工業さん、湧永製薬さん、フェアユングさん、司会のさーやさん、受付やブースでの販売を助けてくれた方たち、当店のスタッフ、みんなで55個!

いつもの当店のスタッフは4人ですが、4人それぞれが自分のするべきことを一生懸命に動いて、みんなの力をまとめて大きく見事に咲かせられたと思います。

させぼ花みずきコーラスさんは、半年前から練習し、弓削田さんの作った「しあわせになぁれ」と「ハナミズキ」を歌われました。

『いのちの花を咲かせよう』というテーマにぴったりで、会場みんなのいのちを応援するように歌ってくださいました。

私は企画の初めから、お店とゆかりのある人たちにも参加してもらい一緒に楽しみたいと考えていました。弓削田さんのコンサートだけでも十分ステキな時間になるはずでしたが、お店とお客様を繋ぐ人たちに参加してもらうと、もっと盛り上がるとワクワクしてました。

30名のコーラスの歌声は、やっぱり『いのちの花を咲かせよう』と優しく温かく励ましてくれました。

その歌声に、私は本当にしあわせに浸りました。

打ち上げでは大盛況を祝い、運営に協力してくれた皆さんとねぎらい語りあいました。

当店の健康のつどいのために集まってくれたご縁で、それぞれが交流し互いに仲良くなっていく場でもあり、それを見るのも嬉しかったです。

最後は、カラオケで「ハナミズキ」を輪になって大合唱し、感極まって泣きそうでした。

1人ではとてもできないことを、いろんな人たちがいろんな形で力を貸してくれ、清々しい笑顔で讃えあえるなんて、本当にすばらしい!

自分の仕事を思い切りやり遂げたあとに、こんなにも嬉しい時間が待ってたなんて!

おかげさまで、今日はしあわせで楽しくて感謝でいっぱいの1日になりました。


多くの方から、参加してよかった楽しかったとのお声をいただきました。

それがまた私を励まし勇気づけてくれました。

ある方から、FBを通して思いがけない感想が届きました。

「【2019年4月14日】
私の人生において今日は
忘れられない大きな日となりました。
こんなにも
元気と涙の出るセミナーは
久しぶりです。…」

私はその文章を拝見し、心が震えました。

こんなにも共感してくれた方がいること。

そしてそれを言葉にして伝えてくれたこと。

それを読んだ陽子さんが涙して喜んだこと。

奇跡のようなこのつながりは、この会を経験できたからこそのご褒美だと思います。

人と人が出会って、嬉しくて、喜び合える幸せを味わいました。

もう一つは、「言葉の力」を実感したこと。

言葉は、想いです。

健康のつどいのテーマ、『いのちの花を咲かせよう』は、ふと頭に浮かんだ言葉です。

満開のハナミズキを堤常仁堂薬局のシンボルにして、私はあんな風にいのちの花を咲かせたいと思うようになったからです。

そして、私はこの薬局をまちの保健室にして、ここに来る人たちのいのちの花を咲かせるための応援をしたいと思います。

私の仕事は人を元気にしてそれをともに喜ぶことだと、はっきりと自覚しました。

想いが言葉になったことで、私は自分のミッションに改めて気づくことができたのです。

「まちの保健室」とは、身近な場所で気軽に立ち寄れる場所、行ってみるとほっとできる らくになる希望、温かくて頼りになる存在、だと感じて欲しいという願いが込められてます。

薬局は薬をもらうところという意識から、元気になれる処というイメージに広げたいと思っています。


食べたものがいのちを作る

元気なからだは血液から

効くと治るは違う

根っこは内臓、土は血液と生活習慣(食、睡眠、呼吸、運動)

始めの挨拶で、まちの保健室が大切にしてる考えをお伝えしました。

それに共感して、同じ意識を持つ方々から感想をいただきました。

丁寧に言葉にして私たちに伝えようと書いてくださってる言葉にまた、私が感動しました。

健康のつどいの数日前に自宅の本棚にあった『置かれたところで咲きなさい』という本を導かれるように手に取り、読み返してました。

そこには

「どうしても咲けない時もあります。そんな時は根を下に下に張るのです。いつか咲く花がより大きく美しいものとなるために。」

と書いてありました。

私はこの言葉に辿り着いたことにほっとしました。

いのちの花を咲かせようと焦るのではなく、いつか咲かせるためにしっかり根っこを張ることが大事だと私に教えてくれました。

そしてそのことを、最後の挨拶で会場の皆さんと共有したいにと思いました。

私にとっての『いのちの花は咲かせよう』は、とても大きなチャレンジでしたが、想いを言葉にして大切に届けながら、それを受け取ってくれた方たちとのやりとりが嬉しくて楽しくて。

それが糧となり、4月14日に会場に大きな花が咲きました。

人の力と言葉の力が、私の心に光と水となり花を咲かせました。

これからも私はハナミズキのようにしっかり根を張り、光と水を求め、神さまに感謝し、明るく花を咲かせる心を持っていたいと思います。

 

《ふ》

 

2019年04月20日

学校薬剤師として

私は中学校の学校薬剤師をしています。

学校薬剤師の仕事は、学校の環境衛生の維持管理(例えば、水道水やプールの水質検査、教室の温度や湿度•二酸化炭素濃度の測定等)や、生徒たちへの保健指導を行います。

その一環で、先日3年生の生徒たちへお薬の正しい使い方について講義をしてきました。

今はインターネットでも薬を買える時代です。

便利な反面、使い方を誤ったり、症状に合わない薬を使うと、悪化したり、副作用が出たりもします。

中学生の訴えで一番多い症状が頭痛。

頭が痛くなったらすぐに痛み止めを飲むという子供達も少なくありません。

しかしながら、頻繁に痛み止めを飲むと胃も荒らしますし、体も冷やします。

さらに、薬が増えると、効果も効きづらくなり、痛みに敏感になります。

これを薬剤性頭痛と言いますが、こうなると治すことはとても難しくなります。

 

当店でいつもお伝えしていることですが、お薬が”効く”と”治る”と言うのは違います。

”効く”と言うのは、一時的に症状がおさまること。

”治る”と言うのは、自分の自然治癒力がしっかり働き、根本となる原因から改善すること。

症状を治すのは薬ではありません!

自分自身の体力、免疫力です!!

薬は自分の自然治癒力を働きやすくするための補助にすぎません。

まずは、バランスのとれた栄養を摂り、しっかり寝て、適度に体を動かし、

そしてよく笑うことが大切ですね!

《陽》

2019年03月03日

息子とチョコケーキ

今日は、長男と2人でチョコケーキを作りました。

新年早々オーブンレンジを購入したので、いろいろなお菓子作りに挑戦しています❗️

バレンタインは、過ぎてしまいましたが、友達に教えてもらったレシピをアレンジして、チョコタルトにしてみました。

2人で作ったと言いましたが、今回はほとんど長男が作ってます(^^)

にはイチゴを並べて、さらに美味しそうです!

長女は、食べる専門。

家族みんなで食後のデザートで、美味しくいただきましたよ~

《智》

2019年02月18日

第3回健康のつどいのチラシができました!

4月14日日曜日に第3回健康のつどい「いのちの花を咲かせよう」を開催します!

1年ほど前から計画を立て、どんなイベントにしたいか、どんな内容にしようかと話し合いながら決めていきました。

開催まで2ヶ月前となり、チラシが出来上がりお客様にお配りしお声かけを始めました。

これからいろんなところに出かけて、ご案内したいと思っています。

入場の目標は200名以上!当店が大切にしている食といのちの気づきを多くの方たちと分かち合いたいと願って、お知らせしていこうと思っています。

ぜひ、お気軽にご参加ください。

ご予約は、お電話かLINE@で!

電話0956225227

 

2019年02月05日

「お弁当の日」から学んだこと

「お弁当の日」という取り組みは、魚戸おさむさんの『玄米せんせいの弁当箱』という漫画を読んで知りました。
今日はその「お弁当の日」を提唱しておられる竹下和男先生のお話を聞いてきました。
竹下先生の講演は、広田小学校の5年生とその保護者向けてもので、私も久しぶりに小学校の体育館という場所にお邪魔して、子供達と一緒にお話を聞きました。

竹下先生が一番子供達に伝えたかったこと。

人間らしく生きて、人生を楽しんで欲しい。

そのために、子どもの頃から遊びの感覚で料理を楽しんで、喜んでもらう体験が大切だということでした。
今は家庭でそんな体験をすることなく大人になる子供達が多く、料理や子育てが面倒くさいと他人事のように受け止められなくなっている大人が増えていることを竹下先生はとても懸念されていました。

私は普段、食べることが大切、ミネラルなどの不足しがちな栄養を摂取することをお客様にもお伝えしてきました。子育て中のお母さんを応援する健康教室でもそれを伝えたいと思ってやっています。

だけど、もっと根本的な子どもの頃の料理の体験や家族のために料理をして喜んでもらうことの意味を理解すると、私の意識が変わりやれることが変わってくるのではないかと感じました。

面白いことに、竹下先生の講演では食育にとても熱心な担任の福田先生やPTAのお母さんだけでなく、東京から映画のプロデューサーの方や長崎の理学療法士の方、武雄市の観光協会の方も来られていて、いろんな方の関心の高さが伝わってきました。

学校だけでなく、いろんな方向から竹下先生の仰る「人間らしく生きて人生を楽しんで欲しい」ためのプロジェクトを進められたらいいなと思いました。
私も「まちの保健室」としてその一員になれる可能性を感じ嬉しく思いました。
子どもたちが集う場所に行くと、私は不思議な力が湧いてくるような気持ちになりました。

《ふ》

2019年02月01日

笑うことを楽しもう

堤常仁堂薬局は日本専門薬局同志会という会に入って勉強をしています。
日本専門薬局同志会とは医薬品を通じて健康指導を行なうことにより、国民の健康に奉仕し、社会に貢献する事を目的として昭和46年に設立された団体です。
全国に約1800名の会員がおり、私たちは、薬のみならず日常生活での養生法などを皆さんにしっかりとご説明できるように研修会に参加し研鑽しております。

先日その研修会の中で、NPO法人健康笑い塾主宰中井宏次さんの講演がありました。
中井さんは薬剤師資格も持ち、医学部で非常勤講師としても活躍されている一方、「医笑同源:笑い(ユーモア)で心豊かな歓びのある生活を!」をテーマに、全国の皆さんに生活における笑いの重要性を啓蒙し、薬家きく臓の芸名で落語も嗜んでおられる方です。

さすが、落語家さん!軽快な噺で1時間半の講演はあっという間に過ぎてしまいました。
お話の中で、病気の原因は20%が加齢、30%が食べすぎ、50%がストレスであり、唯一人間に与えられたストレス解消法が笑うことであるとおっしゃいました。

朝鏡を見て自分におはようと声をかける、近所の人に挨拶する、平素から耳、目、口、鼻、手を使い五感で四季を感じる、それだけでも心が笑顔になります。

ある研究で「笑いの頻度と1年後の認知機能との関連」について調査したところ「ほぼ毎日笑う人」と「ほとんど笑わない人」では、後者のほうが1年後の認知機能の低下が大きいという調査結果が出ています。
又、免疫系に働くNK細胞も笑うと活性化され、癌の進行予防、痛みの軽減になることも分かっています。

このストレス社会と言われる現代だからこそ、些細な幸せや楽しみを見つけ、笑顔を忘れずユーモアを持って前向きに生きていこうと教えてくれた素敵な講演会でした。

《陽》

2019年01月25日

新年の背比べ

明けましておめでとうございます。

もう12日ですので、鏡開きをなさったところも多いのではないでしょうか?

今年は、陽子さんがぜんざいを作ってくれたので、みんなでお餅を入れていただきました。

甘さ控えめでとっても美味しかったです(^^)

さて昨夜、高校生の長女と中学生の長男と背比べをしました。

なんとビックリ‼️長女にも長男にも背を抜かれてしまいました!!!!!

1番背が高くなったのは長男!

クラスの男の子の中では1番低いと言っていた長男ですが、やはり中学生。

伸び盛りですね。背を抜かれてしまいましたが、親としては嬉しい限りです(^ ^)

目指せ!180センチ⁈

なんてね〜〜(^.^)

《智》

2019年01月12日

お気に入りの割烹着でお正月

年越しは台所に立つ時間が多いだろと思い、おしゃれな(?)水玉柄の割烹着を調達しました。

ずっと探していた素敵な割烹着。私のお気に入りになりました。

家族が賑やかに食事をしたりお酒を飲む時間は、私にとってとても大切な時間です。

お気に入りの割烹着を着て、料理をしたり後片づけして過ごすお正月は、あっという間に過ぎてしまいました。

今年は、この割烹着を着てもっと料理をする時間を楽しもうと思います。

《ふ》

2019年01月04日

1月から定休日が変更されます

当店は来年1月からの定休日を変更させていただきます。

これまでは定休日を第2・3・5日曜日としていました。

第1・4日曜日と祝日は主に母が父とお店を開けていました。他のスタッフはというと、それぞれ研修会に参加したり家のことをしたり家族と過ごしたりしていました。

ですが、母は高齢になりましたので、日曜日にはゆっくり休んでもらおうと考えました。

私たちも日曜日や祝日には研修会が入ることが多いので、家族と過ごす時間が少なくなるのが悩みでした。

そこで、思い切って日曜日と祝日を定休日にすることにしました。

薬局は薬剤師が不在の日は開業できないという決まりがありますので、水曜日も13時までの営業とさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけすることを、申し訳なく思います。
これまで当店をご愛顧いただき深く感謝しております。

スタッフ皆が、家事や子育てや研修それぞれの生活を両立させいきいきと働き、堤常仁堂薬局をずっと続けていきたいと願っております。

《ふ》    

2018年12月22日

健康経営を実践しています

「健康経営」という言葉を最近知りました。

働く人の健康に配慮することで、活力や生産性の向上を図り、企業として大きく発展していくことを目指すことだそうです。

その言葉は初めて知ったけど、その考えはたしかに、私のお店でも実践していることです。ここで働く私たちスタッフがまず、元気に楽しむ姿であれば、お店はもっとお客様に希望を感じてもらえると感じるからです。

当店は薬局ですから、目指すところは「病気を治す」「病気を予防する」そして、「元気に楽しく生きる」ことです。

そのためのさまざまな提案や商品を取り揃えています。

それは症状に効くものだけでなく、本来の自然治癒力を取り戻して治すものや、食事を補い生命力を高める栄養、温めたり姿勢や呼吸を整えサポートする道具など。

私は身近にそういうものがある薬局の仕事でよかったとつくづく思うのです。

まずは私たちスタッフがそれらを生活にどんどん取り入れてみて確かめ、自らの健康のために積極的に活用しています。

健康経営ができ、お客様に喜んでもらえる薬局でありたいと思います。

《ふ》

2018年12月02日

大阪へ

早いもので、もう11月。今年もあと2ヶ月をきってしまいました。

今年はふみさん同様、私も色々と動き回った一年でした!

先日は大阪まで日帰り研修。

早朝の出発で大変でしたが、関西は大学時代を過ごした、言わば薬剤師の原点となる大切な場所。短い滞在ではありましたが、初心を思い出し、たくさんのエネルギーをもらって帰ってきました。

肝心の研修は瓊玉膏と言う漢方薬のお話。

約850年前に生まれたこのお薬は、生命と美を育む滋養・滋潤薬で、永きに渡り中国皇帝とその子孫の不老長寿を願う至宝の薬として、歴史にその名を刻んでいます。

当店で取り扱いを始めて一ヶ月、私も毎日服用していますが、毎年この時期に悩まされていた身体中の乾燥がなく、ボディークリームを塗らなくてもカサカサしなくなったんです!お陰で化粧ノリも凄くいい!体もポカポカして全身潤う感じを体感しています。

《陽》

2018年11月07日

母の表彰状

11月3日.4日、九州、山口薬剤師会大会で、母が、この度表彰を受けることになりました。

長年、県の薬剤師会の役員の仕事をやってきたことが評価されてのことでした。

この薬局を大学卒業後すぐから支え、また私たち兄弟3人を育てながらだったので、それは本当に大変なことだったと思います。

私も子育て中の今になって、ようやくその大変さが分かります。

母は、その表彰をひけらかすこともなく、昔のことなのにとつぶやいていましたが、たくさんの方々の中で功労賞を受賞して、やはり嬉しそうでした!

お母さん、おめでとう!そして、いつもありがとう!

《智》

2018年11月07日

沖縄へ

埼玉に行ったりイタリアに行ったりと、人生でこんなに動き回ることは初めてなほどの10月でしたが、締めはナント沖縄です。

10月28日29日で、バイオリンクを扱う薬局の勉強会に行ってまいりました。

私が以前ラジオに出演しているという話をしたら、沖縄のいは薬局の若旦那が自分もやりたいとその後番組を始められたそうで。沖縄に来た記念に番組に一緒に出て欲しいと言われ、私は沖縄FM21の生放送の番組にお邪魔をさせていただきました。

その日の番組のテーマは「冷え対策」だったんですが、沖縄の方も冷えるの?と思わず驚いてしまいました。

まだ最高気温25℃はある沖縄ですが、少し気温が下がってきたら急に冷えが気になる方は多いようです。それは佐世保でも同じだなぁと感じます。

海の見える高台のスタジオで、沖縄の方が聞いてくれてるのを想像しながら話すのは、とてもわくわくして楽しかったです。

そのあとは、いは薬局の店舗見学と美ら海水族館観光を満喫して帰りました。

あちこちに行って元気に動き回るために、私の旅行カバンにはレオピンロイヤルとバイオリンクは必需品でした。おかげさまで、疲れもなく翌日からはまた元気はつらつ店頭に立っていますよ!

《ふ》

 

 

2018年11月05日

埼玉へ

お店の改装工事をしている真っ最中の9月23.24日。
埼玉県浦和市で開催された日本専門薬局同志会関東第三連合会の研修会に参加してきました。
なんでわざわざ浦和まで行くことになったかというと、堤常仁堂薬局のさまざまな取り組みを薬局の仲間たちに話して欲しいと依頼があったのです!
当店がまちの保健室としてお客様に喜んでいただきたいと始めた健康教室や健康のつどい、広くお店の存在をお伝えする折り込みチラシや、壁いっぱい使った花水木の看板のことなどを、同業者に興味深く聞いていただけることはとても光栄なことです。

私は、自分の工夫とアイデアを活かして取り組むことのできるこの仕事は人を元気にして自分も元気になれる素晴らしい仕事だと思う、と話しました。
初めて訪れた浦和で、120人ほどの前でとても緊張しましたが、多くの方に励まされ賛同してもらえ、とても勇気が出る経験になりました。
私は、お客様が安心して相談できるよう、希望を持って元気になってもらえるよう、これからもこの仕事をしっかりやっていこうと思いました。

《ふ》

2018年10月02日

新装開店しました!

堤常仁堂薬局は、9月26日にリニューアルオープンしました‼️
5日間のお休みをいただき、店内改装いたしました。
昨年末に外装をハナミズキの看板にリニューアルしたのに引き続き、今回は店内の改装です。
お店の中央に畳の椅子を置いて、お客様にぐるっと座っていただくことが出来るようになりました。
入って左側の棚と正面のカウンターは、白木で店内を明るくしています。
右手のもともとあった棚や机の色を茶色に張り替え、こちらのスペースは落ち着いた感じに。
2階で健康教室も行なっていますので、お客様が2階へ上がりやすいようにスペースを設けました。その結果、お店自体が広く感じるようになったと好評です。

これからももっとお客様にほっとでき、楽になっていただきたく、スタッフ全員で考え、考え、考え抜いたものが形となっています!
ぜひ、実際にご来店していただき、新たな堤常仁堂薬局をご覧ください。
スタッフ一同、笑顔でお待ちしております(^o^)

《智》

2018年10月02日

黄昏の佐世保港

JRで帰るつもりで、M Rに乗ってで佐世保駅まで。
連絡で繋がってたはずのJRが時間が変更になっていて、アレ?すでに発車した後…次の列車までは1時間ちょっと。
あると思い込んでいたものがそうでないと、キツネにつままれたような気分。

それなら黄昏時の港を眺めようと表に出たら、日本丸がかっこよく停泊中。
空も雲も夕陽も、静かに優しくそこにあり、夏の終わりを匂わせてる。
それに気づいた時間が、なんかちょっと得した気分。

佐世保っていいなって、思った帰り道でした。

〈ふ〉


2018年09月03日

ご褒美

笑顔がとてもお茶目な80代のYさん。
久しぶりに、今日はゆっくりお話を伺うことができました。
Yさんとの出会いは2年ほど前。当店のチラシを見て興味を持っていただき、親しみを込めて処方せんを持って来てくださいました。

その頃のYさんは、これまで食事には十分に気をつけてきたのになんで病気になったんだろうと元気をなくしておられました。
その時に私がかけた言葉を今も覚えているのよとYさん。もちろん私もその時の言葉をちゃんと覚えていました。
「これまでお食事に気をつけて身体を大事に暮らしておられたから、病気の現れるのが今だったのかもしれません。そうでなかったらもっと早くに病気になっていたかもしれません。そして、これまで身体を大事にされてきたからこそ、病気からの回復が早く、今のお身体があるのだと私は思いますよ。」

Yさんはその時の私の言葉がとても励みになったと教えてくださいました。
Yさんはあれから随分とお元気になられ、楽しいことやりたいことに今は忙しく過ごされています。
私は今日Yさんとゆっくりそんなお話ができて、嬉しくて涙が出そうになりました。
Yさんの笑顔に私もとても励まされ、この仕事ができる幸せを感じました。

お店に立っていると、時々こんなご褒美があるのです。ありがとうございます。

 

〈ふ〉

2018年08月26日

お盆休みに

8月15日、お店は例年は営業していますが、今年はお盆休みをいただきました。
初盆のお参りをに行くスタッフもいましたが、私は家族と長崎観光へ。

遠藤周作文学館はいつか行ってみたいと思ってました。
それが意外と近くで、とても居心地の良い場所で、また行こうと決めました。
こんなところで佇むことが出来たら素敵です。

長崎市内の精霊流しも初めて。
念のため、耳栓を買って臨みました。
1つ1つの船を見るたび、天に旅立たれた方の人生やそれを送るご家族の方たちの想いが感じられ、手を合わせたくなります。
切なく寂しい気持ちを、ババババババババッと弾ける爆竹の音が慰めているようにも感じました。

死者たちの弔いを賑やかなお祭に、
平和への感謝を終戦記念日に、
暑さの勢いが少し落ちた今日、私は思い切り楽しみました。

〈ふ〉


2018年08月17日

新バージョンのチラシ

先日、新しいバージョンの広告チラシが出来ました!

新たにスタッフ一人一人の写真をプロのカメラマンさんに撮ってもらいました。

そのカメラマンは、私の幼稚園の時からの同級生‼︎ 40年来の気のおけない友人のみやちゃんです。

みやちゃんは、普段は結婚式の写真を撮影したり、雑誌の取材写真を撮影しています。

友達に写真を撮ってもらうのは照れましたが、さすがプロ!

これまでに使っていた写真とは見違えるほどの写真を撮ってくれました。

チラシの評判も上々‼︎これでお客様も増えるかな?みやちゃん、キレイに撮ってくれてありがとう!

《智》

2018年07月19日

暑さを美味しさに

テレビでは、この3連休は危険な暑さと警告しています。

わが家の近くの海水浴場はいつになく大賑わい。

暑さを楽しさに変える元気がうらやましい!

私はお庭で梅の土用干しをしました。

梅の一粒一粒に太陽のエネルギーを注ぎ込むという知恵は、素晴らしい!

暑さを美味しさに変えてやる〜!

《ふ》

2018年07月16日

7月3日台風接近

台風が来ると言っても、いつもは大したことないことが多い。。

だけど、今日は本当の台風直撃。

私は出勤できず、自宅にこもり嵐が過ぎるのをじっと待つ。

どんよりした空にゴーゴーと吹き荒れる雨と風。

海の色も空と同じような色で、いつもと違う表情で揺れている。

愛犬の星海は、不安そうに悲しそうに外を見ている。

何処にも行けないこんな大荒れの天気には、普段はあまり飲まないコーラがなぜか美味しいな。

 

《ふ》

2018年07月03日

梅干し作り

今年初めて梅干し作りに挑戦しました!

主人は最近、毎日梅おにぎりを持って仕事に行きます。

出来るだけ添加物を使っていない、塩分控えめの梅干しを買っていましたが、やっぱり手作りが一番!と思い、ふみさんに聞いたり、ネットで調べたり、お客様に教えてもらったり...

これで大丈夫かなぁ⁇とドキドキしながら、赤シソを漬け込む工程まで来ました。

今のところカビも生えてなさそう(^^)

塩は五島の虎屋さんの天然海塩なのできっと美味しいはずです☆

後は土用干しまで気長に待ってみます!

《よ》

2018年06月24日

プレゼント

大好きなお友だちからステキなお花をいただきました。

当店の一番いい場所に飾りました。

ちょっと疲れている心に、そっと寄り添ってくれて、ありがとう。

今日はいろんな方からお饅頭や焼き芋、パンなどを差し入れにいただきました。

スタッフ皆で美味しくいただきました。

優しいお心遣いに励まされ、元気が出ます。

どうもありがとうございます!

《ふ》

2018年06月23日

京都へ里帰り

父の日の週末、義父の17回忌があり京都へ里帰りしてきました。

久しぶりにお父さんの兄弟さんと会い京都弁で楽しくお喋りできたので、

こちらに帰ってきてからも口から京都弁がポロポロ出ちゃいます。

京都で一番大好きな風景は、この加茂川沿いです。

北大路橋から出雲路橋、葵橋、出町橋までてくてくと歩きながら、息子たちが小さかった頃のことを思い出していました。

いつも慌ただしい里帰りですが、加茂川の風に吹かれほっこりした気持ちになりました。

《ふ》

 

2018年06月18日

健康教室in菌ちゃんファーム

6月15日、佐世保市潜木の菌ちゃんファームで健康教室を行いました。

爽やかな風の吹く午後、ミニトマトや空心菜、ゴボウの畑も見学しました。

元気に育つ野菜は、ふかふかで菌ちゃんの豊かな土から栄養を吸収し、青々した葉っぱが太陽の光を浴び気持ちよさそうに光合成していました。

こんな青々した元気な野菜には虫が来ないから農薬はいらない。

と話される吉田さんには説得力があるなと感じました。

その吉田さんがチクゴ株クロレラについて、細胞壁がないと言うことは細胞自体にファイトケミカルが多いということや、4分裂して成長する生命力の素晴らしさまで話してくださって、改めてバイオリンクを大切に感じました。

前回のバスツアーで出会った方、折り込みチラシを見て申し込んでくださった方、お友達に連れられて始めてご参加くださった方。

みんなで、清々しい学びができました。

《ふ》

 

 

 

2018年06月18日

帰り道の夕陽

今日も1日がんばったと、お店を閉めるのは18時。

そこから片付けたり、明日の準備をして、お店を出たのが18時30分。

自宅まではいつも、45分のドライブ。

19時過ぎても明るいので、帰りを急ぐ気持ちにちょっと余裕を感じるこの頃。

海が見えてきたら、もうすぐわが家。

梅雨に入っても、爽やかなお天気だった今日。

思わず見惚れるほどの、ステキな夕陽。

心癒され、よし、美味しい夕食を作ろう!と、元気が出てきた私。

神さま。今日も幸せ、ありがとうございます!

《ふ》

 

2018年06月04日

レオピンの工場見学

堤常仁堂薬局は50年以上前からずっと、滋養強壮薬のレオピンを販売しています。

なので、私は小さい時から、いや、生まれる前母のお腹にいるときからずーっとレオピン愛用者です。

お陰で今まで大病をしたことはありませんし、どれだけ疲れた日があっても、次の日にはケロッと元気な朝を迎えています!

そんな私の元気の源、レオピンは広島県安芸高田市の甲田町というところで作られています。

先週末、そちらの工場へ初めて見学に行ってきました。

レオピンは北海道で収穫されたニンニクをこちらの工場で2年間熟成させて出来上がります。ニンニク特有の匂いや刺激物もこの熟成の過程でなくなり、身体を温め血流を良くしてくれる物質に変化して行くのです。

その工場の近くに、湧永製薬の創業者湧永満之社主の記念庭園があり、無料で一般開放もされています。

まだ5分咲き程ではありましたが、500種類以上5000株を超える色とりどりのバラがとってもきれいに咲き始めていました。

お天気にも恵まれ、ちょっと足を伸ばして呉の戦艦大和ミュージアムにも行ってきました。

佐世保で生まれ育ちましたが、恥ずかしながら軍港の歴史をあまりしらなかったので、とてもいい機会になりました。

短い時間でしたが、とても充実した2日間でした。

 

 

 

《よ》


2018年05月25日

虹フェス・バスツアー

5月20日のバスツアーでは、お天気に恵まれ楽しいひとときを過ごしてきました。

熊本でのバイオリンク・虹フェスに、当店から21名で参加しました。

会場には、九州各地の薬局を通してから700名が集まって、大変賑わっていました。

そこで医食農同源の面白く深いお話を聞くことができ、皆さんとても感動されていました。

 

このバスツアーで初めてお会いする方もおられました。

バスの中でいろいろお話を伺うことができ、同じ体験を共にすることができ、素敵な出会いになりました。

吉田俊道氏の土作りから健康作りを考えるパワフルなお話。

中戸川貢氏によるミネラル不足に陥ってる現代の食事の問題のお話。

知っておかなければならないのになかなかその機会がない安心な食のお話に、参加者の皆さんがとても興味を持っていただいてました。

帰りのバスでは今日の感想を聞きながら、和気藹々な雰囲気で帰り着きました。

笑顔で元気に、「また会いましょうね」と手を振って、それぞれの背中を見送りました。

《ふ》

 

 

2018年05月21日

息子の運動会

先週の水曜日、息子の中学校の運動会がありました。

日曜日に雨が降ったので延期になり、平日に開催された運動会を初めて経験しました。

息子にとって中学校最後の運動会。

私の父と母も応援に来てくれました!

朝、降っていた雨もなんとか上がり、とても良いお天気。

一生懸命子ども達が練習していたダンスや組体操も全て見ることができ、頑張ってる息子を褒めてあげたい気持ちで、いっぱいになりました�。

葵、良く頑張ったね❗️!

《智》

2018年05月21日

仕事帰りに薔薇に会いに

バラを大切に育てておられるお宅におじゃましました。

シンボルツリーの大きなクスノキの側でたくさんの種類のバラが色鮮やかに咲き誇っていました。

一重もあれば八重もある。

咲き始めから色が変化していくバラ。

ずっと前からここにいる貫禄あるバラ、今年来たばかりの若いバラ。

これまでの思い出やそれぞれの名前を聞いていると、私はすっかりバラ達の虜になってしまいました。

毎朝水やりをしながらバラとお喋りしてるのその方の、豊かな感性と凛としたお人柄にも、とっても魅了されました。

日の長くなった夕方、仕事帰りにそんな素敵なひと時を味わいました。

〈ふ〉

2018年05月13日

ソフトボール部の思い出

昨日のことです。

にこにこと親しみある笑顔で2人の女性がお店に入って来られました。

すると、「わかります?先輩!」と・・・

その瞬間、彼女たちの高校生の顔が蘇った!なんと、2人は私の高校のソフトボール部の後輩でした。

すぐにあの頃の日焼けした顔やグランドでのキャッチボールやノックの音まで聞こえてきそうで。もう30年ほど経っているのに。

お互い、いろんなことを経験して、すっかり大人になってしまったね。

だけど、これからも元気で楽しみたいね〜とお喋りに花が咲きました。

お店をしてると、時々ビックリする出会いが飛び込んできます。

今日は本当に嬉しかったです。

〈ふ〉

2018年05月10日

結婚40周年の両親と

ゴールデンウィーク、皆さんいかがお過ごしでしたか?

堤常仁堂薬局は連休中も休まず、毎日交代で開店しておりました。

私は後半3連休を頂き、もうすぐ結婚40周年を迎える両親のお祝いに、家族みんなで唐津へ小旅行に行ってきました。

海の見える広々としたお部屋で美味しい食事を頂き、両親もとっても嬉しそうでした.

�結婚30周年の時は両親と姉と4人でのお祝い旅行でしたが、10年が経ち、それぞれ家族も増えて、とても賑やかになりました。

3歳の甥っ子も大好きなおじいちゃんおばあちゃんと一緒にお泊りが出来て、とても興奮していました!

10年後もまた家族旅行に行けますように、両親にはこれからも仲良く元気に過ごしてもらいたいものです。

〈よ〉

2018年05月08日

やっぱり鯉のぼり

青空に鯉のぼりが気持ちよく泳いだ連休でした。

わが家は息子たちが帰省しなくても、

こどもの日でないときでも、鯉のぼりをちょこちょこ上げます。

子どもの頃は、玉屋の屋上の鯉のぼりがうちの鯉のぼりだと教えられていました。

それはそれで嬉しかった記憶があるけど、玉屋の屋上の鯉のぼりは何となく手の届かない存在でした。

今はわが家の庭で、わが家の鯉のぼり。

ずっと眺めていても飽きない、楽しい空です。

 

〈ふ〉

2018年05月06日

先生からの葉書

嬉しい葉書が届きました。

知らなかったけど、いつもラジオを聴いてくれていて。

その感想と励ましのお言葉がとても温かい。

それは私が高校生だった時の担任の先生からでした。

先生の優しい笑顔と18歳だった自分までふと蘇り懐かしく、

褒められたような喜びに勇気づけられました。

ラジオで話すようになり、こんな嬉しい出来事があるなんて!

本当にありがたいと思います。

《ふ》

2018年04月25日

はなごえ講座

第四月曜日の10時から、生放送のはっぴぃFMで健康情報を話しています。

昨日は月に1度のラジオの日でした。

いつも、パーソナリティのノッコさんとタイトルの「こころもカラダも晴れ晴れ講座~」と声を合わせて始まります。

先週からの風邪を引きずってしまっていた私は、少し鼻声です・・・

ノッコさんと「こころもカラダも、はなごえ講座!」と笑いながらの番組になりました。

もちろんテーマは、鼻の症状の改善と養生について。身をもって感じたことを鼻声でお伝えしました。

《ふ》

 

2018年04月24日

表紙にビックリ

印刷屋さんのお友達に頼まれて、取材を受けました。

求人誌アットタウンに載せると言われたので、

「うち、求人してないのよ。」とお断りしたら、会社紹介だということでしたので。

私のプロフィールと写真は照れるけど、お店の紹介はありがたく載せていただきました。

ビックリしたのは、表紙にも私の顔が写っていたこと。

それは聞いてませんでした・・・      《ふ》

2018年04月18日

青春18キップの旅とガラスコップ

先週、春休みをもらって中学生の息子と二人旅に行ってきました。

青春18きっぷを使っての、鈍行電車の旅。

山口県の萩を目指しました。

車窓から満開の桜を満喫し、下関でレンタサイクルをして春の風を肌で感じてきましたよ。

萩では、国内で1つしかない内ひびガラス作りを体験してきました!

手づくりのガラスコップ。

3年かけてひびの模様が変わってくるそうです。

淡い色合いで、これから活躍してくれるでしょう。楽しみです!!    《智》

2018年04月02日

上海研修

2泊3日で上海へ研修旅行に行ってきました。

昨今は中国でも西洋医学がメジャーにはなっていますが、古来から伝わる中国の伝統医学は今でも発展し続けています。

日本で使われている漢方薬は日本独自で発展したもので、理論や診断法、生薬の種類や分量も古典のものとはまた違っています。

今回は上海中医薬大学付属病院で中医学専門の外来を見学させて頂きました。

まず違うのは、血液検査をしたり、レントゲン検査をしたりという事がありません。

どういう症状なのか、体の状態を詳しく聴いていき、顔色や表情、脈、舌を観察して、診断します。

それに応じて、先生が生薬を組み合わせていきます。

日本のように病気に対して同じ薬ではなく、一人一人オリジナルで、一つとして全く同じ内容というのはないんです。

最近オーダーメイド医療という言葉をよく耳にしますが、中医学は4000年以上前からそれを実践してきた歴史と経験があります。

漢方は本当に大変奥深く、私もまだまだ勉強中なのですが、少しでもここで得た体験をお客様にお返しできたらと思います。    《陽》

 

2018年03月26日

素敵な店長さん

「うちの従業員さんの体調が心配で、ここで相談にのってもらえますか?」と、走って来られたのは四ケ町のあるお店の店長さん。

長年勤めてくれてる60代の従業員さんが最近体調が悪そうだけど、病院では特に問題がないと言われてるそう。

それでも何とか元気になって欲しいと心配をされた店長さんは、堤常仁堂薬局に相談に行くように勧めたいと考えてくださったのです。

そして自分の目で薬局を確かめて、その従業員さんに伝えようと思ってご来店されましたのでした。

私はその店長さんのお店が大好きでよく買い物はしていましたが、お話をするのは初めてでした。

笑顔がとても明るい店長さんの、お若いのに従業員さんを大切に想う優しいお人柄が伝わってきて、私はとても嬉しくなりました。

うちの薬局はまちの保健室です。

通勤の途中にお立ち寄りいただいてる方も多くいらっしゃいます。

お仕事が元気にできるよう、疲れをとり体調を戻すよう、お役に立てると思います。

そうお伝えすると、店長さんは安心した表情で、また走って職場に戻っていかれました。

《ふ》

2018年03月17日

夜のハナミズキ

当薬局の壁のハナミズキは、見ていただきましでしょうか?

先日、近くの郵便局に行ったら、スタッフの方に「ハナミズキ、とても素敵ですね〜〜」と声をかけていただきました!

夜はスポットライトが当たって、また感じが変わって綺麗です!

うちのハナミズキを見ながら花見ができますよ

夜桜ならぬ、夜ハナミズキです!

近くにお寄りの際は、ぜひ見上げてみてくださいね〜〜。《智》

2018年03月17日

元気なお味噌

暖かくなる前にお味噌を作りたいと準備を進め、やっと今日お味噌作りができました!

毎朝のお味噌汁が美味しいと1日が豊かな気持ちで始まります。

自分で作ったお味噌を味わってからは、やっぱりこのお味噌が一番いいと思って毎年作ってます。

以前、福岡の高取保育園さんを見学させていただいた時に、元気な子どもたちがこねて作るお味噌は特別美味しくできあがると聞きました。

今回は長男が帰省していたので、若くて元気な長男に手伝ってもらい、しっかりこねてもらいました。

お豆の炊ける匂いと熱々の大豆を潰す湯気の中、かけ声をかけながら幸せな時間でした。

1年後には上等の特別美味しいお味噌を期待して。  《ふ》

 

2018年03月12日

関西まで工場見学に行ってきました

3月4日5日と研修で関西に来ています!

今回は牡蠣の栄養たっぷりのバランスターと言う製品の工場見学です。

工場は日本三景の一つ、天橋立が目の前に見える京都府の宮津と言うところにあります。ただ、今日はあいにくの雨、残念です(>人<;)

瀬戸内海で育った真牡蠣をじっくり抽出して作られる牡蠣エキスは亜鉛、タウリン、グリコーゲンなど40種類以上のミネラルやアミノ酸を含み、私たちの体の様々な働きを助けてくれます。

今回の見学では、製品を作る方たちのナマの声を聞く事が出来ました。

お客様に安心して飲んで頂けるように徹底した衛生管理を行い、飲んだ方が元気になりますようにと言う思いで、一つ一つ厳密な工程を経て、製品が出来上がってきます。

そんな栄養たっぷり愛情たっぷりのバランスターです。

私も今回学んだことをみなさんにしっかりお伝えしなくっちゃと思っています。

お土産話をお話しますので、ぜひ薬局にいらしてくださいね!

《陽》

2018年03月06日

ぽかぽか健康教室

IMG_2151

こんにちは。智子です!
ここ2、3日は、天気が良くて気持ちが良いですね🌞

先日、当店2階でぽかぽか健康教室を開催しました。

みなさんには、耳にする温灸を実際に試していただきながら、「元気な体は血液から!」というテーマで、お話をさせていただきました。

血液をきれいにすることと、血流を良くすることが、体を元気にするにはとても大切なんですよ。

耳にする温灸は、耳のつぼを温めることで全身の血流がとても良くなり、冷えや不眠、肩こり、腰痛、耳鳴りの改善になります!

しかも手軽で出来るのもこの温灸は店内で無料体験もしてますので、お気軽にお立ち寄りくださいね。

ぽかぽか健康教室では、血流測定をもとにお客様お一人お一人の健康相談も行なっております。

3月は、22日と31日にも、ぽかぽか健康教室を開催する予定です!

ご興味のある方はぜひ、ご予約、お問い合わせお待ちしております。

では、良い週末を〜  《智》

2018年02月24日

明るく笑える力

寒い日の朝、久しぶりのお客様がお見えになりました。

90歳のその女性は、昨年骨折され入院もしましたが、今ではご自分のことはできるようになられお一人暮らしです。「私のわがままで一人で勝手にやってます」とおっしゃいました。

日ごろやろうと思ってもうまくできなくなってしまった不自由なことを、明るく笑いながら語るそのお姿は、全然惨めではなく、むしろ潔くて素敵でした。

私は、人生の先輩に教えていただいたことをとても気持ちよく感じました。

そして、一緒に話を伺っていた陽子さんと、あんなふうに生きたいねと話しました。

私も、明るく笑える力をつけて生きていきたいです〜

《ふ》

2018年02月15日

ホームページを始めました

ホームページを作ろうと思って、随分と時間が経ってしまいました。

全く詳しくないのに、なぜか自力で作ることになってしまい、悪戦苦闘していました。

なかなかはかどらずに、しばらく放ったらかしにしたり、無駄な作業ばかりに時間を費やし全然前進しなかったり。

それでもなんとか、やっとこのホームページを世の中に公開することになりました。

作って終わりではなく、ちょこちょこ手を入れ、もっとわかりやすく親しみやすいホームページにしていきたいです。

ブログも自分の歳時記みたいに書いていこうと思います。

堤常仁堂薬局の百年の歴史上初、世界に扉を開くホームページの始まりです。

のぞいてみてくださって、ありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします.

《ふ》

2018年02月05日